住宅街

マイホームで後悔しないために知るべき事

マイホームを購入する場合に後悔しないようにするためには、事前準備が重要なポイントです。まず希望の条件を整理して情報収集を行い、資金計画を立てるなどの準備をしておきましょう。理想的な住宅を手に入れるためには購入後の暮らしを具体的にイメージすることが大切なので、ハウスメーカーの住宅展示場などを見学するのがおすすめです。リビングをくつろげる空間にするために大きなソファなどを置けるようにしたいなど、希望の条件を細かく整理するところからマイホームの購入計画は始まります。

希望の条件が定まらないまま住居探しを始めると、どの物件を選んだらよいのか分からなくなってしまいます。最善の選択ができずに流れに任せて決めると後から後悔する可能性があるので注意しなければなりません。希望の条件を整理した上でマンションか一軒家か、もしくは注文住宅か建売住宅かを選びます。条件が整理できて住宅の種類が決まったら、物件に関する具体的な情報を収集しましょう。マンションや建売住宅など、すでに建築されている物件を選んだ場合は、気に入ったものがあれば積極的に見学を行うのがおすすめです。

注文住宅を購入する場合は、信頼できる建築会社や不動産会社を見付ける必要があります。1社だけではなく複数の会社に見積りを依頼して各社の費用やプランを比較検討するとよいでしょう。気がかりなことがあれば遠慮なく相談して、全ての不安を解消した状態で購入を決めることが大切です。

希望の条件が具体的に思い浮かばない場合には住宅展示場やオープンハウスが役立ちます。理由としては、完成した住宅を実際に見学すればライフスタイルに合った間取りがイメージしやすくなるためです。新築住宅を建てる場合も、すでに存在する住宅を探す場合も理想の間取りに関する知識を活かすことができます。

マイホームを購入する場合には、資金計画に合わせて予算を組む必要があります。頭金や建築費用、物件費用や住宅ローンの借入費用の他に、不動産の登記費用や家具代などを考慮しなければなりません。マイホームの購入金額だけでなく、全体的な費用を検討して予算を立てることが重要です。

頭金の金額は住宅ローンを無理なく支払うことができるペースを考慮して決める必要があります。一般的な頭金の金額は物件費用の2割ほどが目安です。マイホーム購入の予算は世帯年収に合わせて決めるのが基本ですが、あまり高くなり過ぎないように注意する必要があります。生活状況が急に変わって住宅ローンの返済が難しくなった場合にも対応できるよう、現在の生活状況で住宅ローンを支払っても一定の貯蓄ができるように予算を組むとよいでしょう。